みはら子育て支援センター

059-345-2886

更新情報

フルミストご予約の皆様 第7号

インフルエンザ予防注射では色々お世話になっております。
フルミストお待ちどうさまでした。
12月16日(月)から接種いたします。
10人分しかありませんが、予約が少ないので、注射は嫌いだけどインフルエンザワクチンの接種はしたいという方にもピッタリです。
予約以外の方は早いもの順です。
注射のワクチンを1回した人間でも接種は可能です。

至急 フルミストご予約の皆様 第6号

インフルエンザ予防注射では色々お世話になっております。
今頃になってフルミストが入るとの連絡がありました。
12月中旬に入り接種できます。
入荷は10人分と少ないので、受験生の皆様のみに接種します。
ご希望の方は電話で予約を。
少ないので、予約したら必ず接種してください。
注射のワクチンをした人間でも接種は可能です。

フルミストを予約している方へ 第4弾

いつも予防接種についてお世話になっております。
フルミストですがアメリカでの製造が極端に少ないこと、例年製造しているカナダでも今年は製造していない事とのことで、輸入のめどが現在でも立っておりません。
そのために今年のフルミストの接種を中止させていただきます。
こんなことはフルミスト接種を始めてから初めてのことです。
今迄お待ちの方には大変申し訳ありませんが、注射での接種に切り替えてください。

フルミストをご予約の皆様 3回目の情報

いつもはフルミストをご予約いただきまして有難うございます。
今迄2回フルミストの輸入について、情報をお流ししておりました。今回 最悪のお知らせをしなければいけません。
アメリカの業者からの輸出についての情報が本日においても入ってきておりません。日本の輸入業者は今年のフルミストの輸入をキャンセルしたいと言ってきました。但し、キャンセルでなく引き続きフルミストを待ちたいと言われる方は10月31日までに連絡くださいとも言ってきました。私としてはどうしてもフルミストを希望される方がおられるかもしれないと思い、11月10日(日)までは輸入を待ちたいと返事を致しました。
 今回このような事情ですので、今年のインフルエンザの流行が早いという意見もありますので、11月10日までは待てないと言われる方は注射での予防接種をされた方が良いと思います。13歳未満は2回接種、13歳以上は1回接種です。流行が早くなければ11月中旬に1回目、2回目を4週空けて注射すれば流行には間に合うはずです。         

2019年10月23日

フルミストご予約の皆様

インフルエンザ予防注射では色々お世話になっております。
アメリカから、「フルミストの生産過程に問題が生じたために、出荷量が大幅に制限される」との情報が寄せられました。ワクチンに含まれる4種のワクチンのうち2種の生成に問題があり、大量生産が困難になったためとのことです。
本院への配布がどのくらいになるのか不明ですが、ご予約されても接種できない可能性も出てきました。いつ日本に入ってくるのかも不明です。
今のところは11月中旬からの接種を考えていますが、情勢が流動的ですので、今後の情報を張り紙やホームページをご覧いただきご確認ください。

フルミスト(インフルエンザ生ワクチン)の 予約について

昨年に引き続き、今年もフルミスト(インフルエンザ生ワクチン)の接種を行います。
予約:2019年10月1日から10月30日までです
接種人数:220人 予約が定員になったら期間中でも予約を中止します。
接種期間は輸入の都合で今の段階では断定できませんが、11月中旬から1ヶ月間を予定しています。生ワクチンなので、1ヶ月間しか接種できません。
予約したのに接種しない方は次回(2020年度)から接種を受け付けません。
ご希望の方はご来院の上 ご予約ください。
予約の時は下記をお知らせください。
①氏名
②生年月日
③今迄受診したことのある人は診察券番号
④初診の方は、保護者の携帯番号

小児科外来変更のお知らせ

いままで水曜日の午前中のみを健診の時間としてきました。今回(令和元年9月1日)よりそれ以外に、小児科の診察時間内ならいつでも健診を受けられるようにいたします。
健診を受けるときは、日時、曜日と時間をあらかじめ予約してください。
また健診や予防接種を受ける人は水曜日午前以外でも、感冒等の人と接触しにくいように、なるべく配慮いたします。

月曜日 午前 一般外来+健診+予防接種
水曜日 午前 健診+予防接種
    午後 一般外来+健診+予防接種
金曜日 午前 一般外来+健診+予防接種

ロタウイルスワクチン接種費用の補助

一昨日 やっと説明書が送られてきました。
 補助を受ける場合は、「補助券」が必要です。
 補助券のお申込み、発券は、
 総合会館3階こども保健福祉課まで
上記だけでは理解しにくいので電話して詳細をお聞きしました。
Ⅰ.直接 子ども保健福祉課に出向けば、すぐに補助券がもらえる
Ⅱ. 子ども保健福祉課に行けない場合
(1)まず子ども保健福祉課(059)354-8187に電話
(2)市から申請書が郵送される
(3)申請書に記入し、FAXや郵送で子ども保健福祉課に送付
(4)補助券が郵送される
Ⅲ.4月1日以降に出生届を出す場合は、予防接種の問診票がもらえるが、その中に申請書がはさまれているので、記入し子ども保健福祉課に送付
Ⅳ.補助券なしで接種し、領収書を提出すれば、あとで補助金が送られていると書いていましたが、これはやむ得ない場合(たとえば期間が迫っている等)のみにして欲しいとのことです。

具体的な問題

ロタワクチンの予算化は決まりましたが、3月の市議会で予算が決定しないと、市役所は通知等何もできないようです。
(1)4月から1回目を受ける人は市役所から通知があると思います。
(2)2回目、3日目を受ける人には通知が来るのか?
(3)2回目、3日目を受ける人は皆様が問い合わせをしなければ通知が来ないのか?
(4)通知がされるのであれば、1回目の人と3日目の人と同じタイミングで通知されるのか?

皆様も判らない問題は市役所にお問い合わせをして戴くと、具体的な問題での市役所の方針(対応)も決まっていくように思います。
どうぞ ロタワクチンへの市民の関心の高さを知らせつためにも、お分かりにならない方はどんどん市役所にお問い合わせしてください。
なお 移行措置として、補助を知らないで4月以降自費で接種してしまっても、その証明書(領収書)を市役所に持参すれば、後から5000円が還付されます。しかし移行措置がいつまでかは不明です。

ロタワクチンの補助

四日市市は2019年4月からロタワクチンに対して
2回、1回につき5,000円の補助を行うことを決めました。
ロタワクチンは
(1)ロタリックス 2回接種
(2)ロタテック 3回接種 です。
4月からは、3月以前から接種を始めても補助が出ます。
ロタテックは3月に1回接種して、4月以降2回接種すれば2回とも、もっと前に2回接種している人も、3回目だけ補助が出ます。但し、下記の接種期間を守っていなければ補助は出ません。
(1)ロタリックスは 生後6週から24週の間
(2)ロタテックは 生後6週から32週の間
生後14週以降の第1回目接種は本院では行っていません。ロタリックスとロタテックの混合接種(1回目ロタテック、2回目ロタリックス等)は認められていません。
ご不明の方は本院 私又は看護師までお尋ねください。