みはら子育て支援センター

059-345-2886

子育ての事

魔の二歳児の対処法

「魔の二歳児」と称され、多くのお子さんたちがなかなか言うことを聞いてくれなくなる2歳という時期。「イヤイヤ期」「第一次反抗期」とも呼ばれ、ママパパたちの頭を悩ませます。今回は、そんな「魔の二歳児」について先輩ママパパたちにアンケート調査。なぜ2歳が難しい時期とされるのかを解説の上、先輩ママパパたちが実際に体験した2歳児の困った行動や、実際にやっていた対処法をご紹介いたします。

なんでもイヤイヤ! 『魔の二歳児』とは?
2歳の時期は、多くのお子さんが何につけてもイヤイヤをしたり、ときには暴れてしまったり。そもそもなぜ2歳児は「魔の二歳児」と呼ばれるほど、ママパパたちを困らせる行動を起こしてしまうのでしょうか。
2歳は自我がめばえる時期
2歳を迎えるころになると、子どもは自分の意志を少しずつ持つようになります。自我がめばえる時期でありながら、2歳児にはまだ自分の気持ちをうまく言語化することができず、理性を保つこともできません。その葛藤の末に、ただただ拒否したり暴れたり、「魔の二歳児」と呼ばれるほどに反抗的な態度を見せてしまうのです。
大人は困惑… でも、子どもは真剣
じぶんの意志を持つことやそれを大人たちに伝えようとすることは、大切な成長過程のひとつ。説得すればわかってくれる子もいれば、頑として聞き入れてくれない子もいますが、どちらにしても子どもは真剣です。ついついイライラしてしまいがちですが、大人もおなじように、そのひとつひとつに真剣に向き合って

魔の二歳児はいつからいつまで続く?

「魔の二歳児」と一概に言っても、この時期の始まりと終わりにはもちろん個人差があります。早く始まる子もいれば、なかなか始まらない子もいるようです。

魔の二歳児はいつから始まる?
では、先輩ママパパたちのご家庭では、「魔の二歳児」の時期はいつごろから始まったのでしょうか? アンケートの結果をご紹介します。

Q.お子様の【魔の二歳児】と言われる時期はいつから始まりましたか?
1位が2歳(22.7%)、次いで2位が2歳3ヶ月(18.5%)、3位が2歳6ヶ月(14.3%)という結果。多くのご家庭から、2歳を迎えたあたりから2歳半頃までに始まったという回答をいただきました。一方で、なかには1歳9ヶ月までには始まっていたという方や、3歳以降まで始まらなかった、むしろ「魔の二歳児」の時期はなかったというご家庭も。

魔の二歳児はいつまで続く?
では、先輩ママパパたちのご家庭では「魔の二歳児」の時期はいつごろまで続いたのでしょうか? こちらもアンケートに寄せられた回答をご紹介。

Q.お子様の【魔の二歳児】と言われる時期はいつまで続きましたか?
1位が3歳まで(33.3%)ともっとも多い回答。次いで2位が3歳6ヶ月まで(21.2%)、3位が4歳以降(14.1%)という結果でした。なかには、2歳のうちに終わっていたという回答も寄せられましたが少数におさまっています。多くのママパパたちが3歳?4歳ごろまで続いていたと実感しているようです。

「あるある!」魔の二歳児 先輩ママパパたちの体験談

すべてを「イヤ」という
なにを言っても「イヤ」の一点張り! まず寄せられたのは、2歳児の「イヤイヤ」を象徴するようなパターン。オムツ替えやお風呂まで拒否されたり、ついには名前を呼ぶことすら拒否されたなんてエピソードも。代替案も全く効果をもたらさず、気が滅入ってしまったり。「なにを聞いても何を言ってもいや!ヤダ!と言われ、しまいには名前を呼んだだけでヤダ!と言われた」「まだ今も少しあるけど、何をするにもとにかく嫌という。オムツ代えも嫌がるしお風呂も嫌がる。お風呂に入ったら今度は出るのを嫌がる、などなど」
買い物中にだだをこねる
「これ買って」「帰りたくない」などなど……この時期に特に困ってしまう行動のひとつが、買い物中や出先での駄々。お家での駄々っことは違い、時間の制約や人の目も気になったりとママパパの心労は絶えません。
「スーパーでひっくり返って泣く」「買い物に出かけたとき、お店を一回りしたいと言ったまま抱っこで寝てしまい、お店を出た後に起きてどうしてももう一度行くと言って聞かず、一人で歩いて行こうとした。」
激しく泣いて場所を構わず寝そべってしまう
出先での駄々っこでさらに参ってしまうのが、泣いて床にねそべってしまうパターンです。断固として動かないという強い意志は、もはや感心してしまうほど。仕方なく抱っこで強制回収されるまでがお決まりの流れ。「保育園帰りにスーパーに寄りたいと泣いて暴れる。抱っこして家に帰るが、その間ずっと海老反り。」何をいっても「しない!」と返答される。自分の意に沿わないことがあると大泣きする。」「何をしてもゆうことを聞かない。嫌なことがあると場所を構わず寝そべる。」
なんでも自分でやりたがる
頭ではできると思っていることと実際の身体能力のズレは、2歳児が抱える大きな葛藤のひとつ。自分でやりたい! 手伝わないで! でもできない! 自分でやりたがるまではいいものの、結局できず、やさしく手を貸してあげたつもりなのになぜか逆上された……そんな経験も「魔の2歳児あるある」のひとつ。「どのような問いかけにもまずは「いや」と答える。できないことも自分がしないと気が済まないので手助けしようとすると大きな拒否反応を示していた。」「自分でできないとイヤ! 靴をはきたいけどはけない!履かせてほしくない! 玄関で大号泣! 袋を開けた、半分に切った、ストローをさしたなど よかれと思ったことが全て拒否。 戻しようがないから延々と大泣き」
ごはんを食べてくれない
イヤイヤの中でもママパパたちが特に手を焼くのが、ごはんを食べてくれないパターン。好き嫌いが激しくなったり、頑ななパターンだと、そもそも食べようとしてくれなかったり。なにより栄養面が心配なので、多くの先輩ママパパたちが対策に頭を悩ませたようです。「食事を食べなくて困った。自分の好みのものではないと、ペッと吐き出してしまった。」「残している食べ物を食べないというので、『わかったよ、片付けるね』と言うと『いやー』と。『じゃあ食べるの?』と聞くと『いやー』となる。これの繰り返しで結局食べない。 肯定も否定も全て否定される。選択肢がなくこっちはどうすればいいの???」
暴れる・物を投げる
また、ただイヤイヤをするだけではなく、暴れたり物を投げたりするのも困りもの。2歳にもなるとだいぶ力も強くなり、歯止めが効かないなんてことも。
「悪態をついたり、ことあるごとに人をつねったり。上の子はチャイルドシートが嫌であばれた。」「物を投げたりひっくり返したりする」

どう乗り越える? 先輩ママパパたちが実践した対処法

魔の二歳児」という時期は成長していく上での大切な過程、とはもちろん頭ではわかっていても、毎日のこととなるとついついお手上げしてしまいたくなるもの。先輩ママパパたちはどのようにしてこの時期を乗り切ったのでしょうか。アンケートに寄せられた対処法をご紹介します。

冷静に対応する
まず挙がった対処法が、とにかく冷静に対応すること。お子さんと一緒に激昂してしまうとお互いに疲れてしまいます。「魔の二歳児」による理不尽な行動にイライラしてしまったときは「心の中でシャッターを下ろすイメージ」で、一旦冷静に。大人はできるだけ心に余裕を持っていられるように、適度にストレス発散の場をつくっておくことも大切です。「イライラしたら、心の中でシャッターを下ろす様子をイメージすると、感情を遮断できる感じで冷静になれた。」「自分の気持ちに余裕がもてるような行動を心がけていました」
向き合ってコミュニケーションをとる
なかには、根気強くコミュニケーションをはかることでなんとか対処していたというお声も。イヤイヤをしているときの子どもは、なにがイヤなのか、どうしたいのか、自分自身がよくわかっていない場合があります。なんとか向き合って、お子さん自身の気持ちを整理してあげるのも有効な対処法のようです。「こっちも感情的になりがちだったけど時々どうしたの?と話し合いをすると同じ方向になっていた」「もうそういう時期だとおもって笑って過ごすしかない。その様子をビデオに撮っておくのもいいかもです。ヤダと言われても、感情的にならずに、まず共感し、それから相手をおとなだとおもい、渾々と諭す。」
選択肢を与えて選ばせる
たとえば靴下を履いてくれないときは、柄違いのものをいくつか用意し「どれがいい?」と聞いてみるなど、選択肢を与えて選ばせることでうまくいっていたという声も寄せられました。選択肢を与えることは、この時期のお子さんに有効な対処法として代表的。「自分で選ぶ」という行為が、2歳児の自我や自立心を満たしてくれるようです。「何かをやらない時は2択にしてどちらがいいか選ばせてやらせる(靴下を履かない時は、どっちの靴下がいいか選ばせると履いてくれる)」「選択肢を与えて、自分で選んだ満足感を与えることで、結構スムーズに言ったりします。どちらに転んでも親の望む結果になるように誘導したりしてました。」
遊び感覚の要素を入れて行動させる
ユーモアを交えたやり方もお子さんによっては有効なようです。イヤイヤをしているとき、「3、2、1!」と時間制限をつけたり、ちょっとしたゲーム性を取り入れてあげることで楽しくやってくれることも!「『~をやるまでー3.2.1!』と楽しそうに言うと、急いでやります。 最近は、子供の方から『3.2.1やって』と言ってきます。」
いつかは終わるものと考え、時期をまつ
大切なのは「いつかは終わるもの」という意識を持つこと、というアドバイスもいただきました。「魔の二歳児」の時期を乗り越えた先輩ママパパのお子さんや、街ですれ違うお兄さん・お姉さんを見て、この時期にも限りがあるということを明確にイメージしておくと希望を持つことができそうです。「いつか終わるのだという身近な先輩の体験談。実際にその子を見て、こういう風にできるようになるんだなぁという具体的なイメージを持つことが大切。いつか終わるのだという希望をもつこと。」「成長段階でイヤイヤ期は必ずあるものと初めから思っておくことで今だけだと思うことができた。」
魔の二歳児は子供の成長の証し。時にはママパパ自身のことも褒めてあげて!
ここまでご紹介してきたように「魔の二歳児」は大変な時期である一方で、大切な成長過程の一環でもあります。また、お子さんの反抗やイヤイヤはしっかり成長している証しともいえます。ママパパたちにとっては悩みの絶えない時期ではありますが、時にはここまで育児してきた自分自身を褒めてあげながら、ポジティブに向き合っていきましょう。

まだ見ぬ子どものお母様に

これから出産を迎える、将来お母様になられる方は、妊娠初期の希望や期待から、出産が近づくにつれて育児に対する不安が増えていくのが普通です。お子様についての心配や、これからの育児についての心配や悩み、今いるお子様との関係で心配しているとか、お子さんのこんな状態の時にはどこに相談したらよいかとか、予防接種はどのようにすすめたら良いかとか 色々な不安に対して妊娠中から小児科医に相談できる制度を出産前小児保健指導事業(プレネイタル・ビジット)といい、今年度から四日市医師会でも始めます。私が中心となって、小児科医や産婦人科医の先生方と相談して、四日市方式を決めさせていただきました。産婦人科の先生に言っていただければ、紹介していただけます。医師会で負担しますので、相談料の自己負担はありません。是非 ご利用ください。

自我の芽生えた子どもの子育て

1歳台の子どもの特徴

自分のしたいこと、嫌なことがはっきりわかってきます。ほしいと思うとガマンしたり、待ったりすることが出来ません。嫌なことは、ぜったいしません。家族が大好きで、何でもまねたがります。お母さんがする掃除・食卓の準備・かたづけ・洗濯の手伝いをしたがるようになります。兄・姉と同じことをしたがり、同じものを欲しがります。公園で楽しく遊びはじめると、なかなか帰ろうとしません。思う通りにならないと、かんしゃくを起こして、床にひっくり返って抗議するかもしれません。このような子どもは、あなたのお子さんだけではありません。1歳台の子どもは、みんな同じです。安心してください。

楽しく自我をはぐくむ子育て

自我の芽ばえた1歳~2歳台の幼児を、思う通りにさせようと企てるとことごとく失敗します。親の方がイライラして、かんしゃくを起こすことになりかねません。まず、子どもの気持ちに添うことから始めてください。子どもがやりたいことを見つけて、「ア-、ア-」と指差したら、子どもの気持ちを早くとらえて、いましている家事の手を止めてタイミングよく、しゃがんで子どもの目をみて、「○○ちゃんは、牛乳がほしいのね」と言葉をそえて応えて上げましょう。「△△しなさい」「ダメでしょ!」などの命令や禁止の言葉を使わず、「○○してみようね」「△△できるよね」と子どもの心に問いかけましょう。 もし「イヤだ」と言えば、「そう、イヤなの、じゃあ、あとでしてみようね」「やりたくなったら教えてね」と子どもの気持ちを尊重してあげましょう。子どもの気持ちを早く確認し、出来るだけ尊重してやると、子どもは喜び満足します。いろんなことに興味を持ち、好奇心が旺盛になり、やる気が育ちます。このような子育ては、子どもを甘やかしているのではなく、子どもの自我を育てているのです。このように子育てをしていると子どもの気持ちがよくわかり、子どもの発達がよく見えてきます。「積み木を5個積めたね」、「ワンワンとニャンニャンの区別ができたね」と子どもの発達を見守り、自我をはぐくむことはとても楽しいことです。

年齢に合った制限を設ける

子どもの行動を尊重しながら、軌道修正してあげることも大切です。公園で自由に遊ばせていても、急に道路に飛び出そうとしたときには、大きな声で「ダメ!」と叫ばなければなりません。家の中で危ない物に触ろうとしたら、すぐその場から抱きかかえて引き離すか、子どものそばに行き、目をじっと見て「あっ、ちっ、ちっ、触れないのよ」と説明しましょう。父親の書類や兄の大事なオモチャで遊ぼうとしたら、「パパの大事、大事、遊べないよ」などとその行動を制止し、「ほら、このボール楽しいよ」と別の遊びにさそいましょう。お母さんに時間の余裕がまったくない時には、「今は遊べないよ、ごめんね」といって、さっとすべきことをしてしまいましょう。

自制心と創造する心を育てる

子どもの自我を育む子育てをしていると、子どもの心の中に安心と満足がいっぱいたまります。でもまだ、1歳児はやりたいことがガマンできません。もう少し待ってあげましょう。2歳児は、満足がいっぱいの心の中で「少し待ってもいいかな、ガマンできるかな?」と自分の欲望を自制する心を、少しづつめばえさせていきます。心をこめて無心に「少し待ってくれる、ガマンできるよね」と問いかけると、あるとき「いいよ」と応えてくれるでしょう。幼児の心に自制心が芽生えた瞬間を目撃することは、子育ての喜びのひとつです。そして、子どもの自我を認め育てることが、なんでも自分で考え、積極的に行動し、新しいことを創造する人間を育てる土台になります。

弟・妹の出生

はじめに

次の赤ちゃんが生まれることは、家族にとっても喜びに満ちた幸せな出来事に違いありません。しかしお兄ちゃんやお姉さんが、必ずしも新しい弟妹を自然に素直に受け入れられるようになるわけではありません。母親が次の子を妊娠し出産が近づくと、上の子が甘えて母親を困らせることが良くあります。順調に育っていた子が急におっぱいを欲しがったりすることもあります。イリングワースは『ノーマルチャイルド』の中で、生まれた赤ちゃんに対する年上の子の嫉妬の表現として、抱っこされている赤ちゃんの頭を殴ったり、騒ぎ立てるだけでなく、乳児の行動に逆戻りして、再び指しゃぶりをし、おねしょをし、食べさせてもらいたがり、赤ちゃん言葉で話し、抱いてくれとせがみ、物を壊したり、再び反対癖になると述べております。年上の子は、両親の愛情が赤ちゃんばかりに向いて、自分名g十分に愛されていないと感じると、あらゆる手段を用いて自分に両親の注意を向けさせようとします。このような年上の子どもの行動を、赤ちゃんをたたく悪い子、甘えん坊になり手がかかる、わがままで言うことを聞かない、乱暴で手に負えない子などと誤って解釈して、きつくしかったり、お仕置きをしたり、拒否したりすると、年上の子は両親の愛情失ったと思い込み、ますます不安になり嫉妬心を深めます。さらに赤ちゃんに対して敵意を抱いたり復讐心を持つまでになります。『赤ちゃんはいらない、死ねばいい』と言って、絵本の中の赤ちゃんをすべて黒く塗りつぶした女児がいました。一方母親も、手がかかり、言うことを聞かない兄姉に対して愛情がなくなり、愛せなくなることもあります。祝福されるべき次のこの誕生が育児上重大な問題にならないように、家族の十分な理解と準備が必要です。

妊娠がわかった時~初めての対面

上の子の気持ちを知る

上の子の心を育てる