センターについて

センター長挨拶

このたび三重県で公募された、三泗地域の連携型認知症疾患医療センターとして三原クリニックを選んで頂きました。頭部画像検査及び身体合併症は市立四日市病院と、行動心理症状(BPSD)は総合心療センターひなが との連携であり、これも大きく評価されたものと考えています。

 従来の診療の中で大切にしてきたたことは生かしながら、医療機関とはもちろんの事、地域の福祉専門職らとも連携を強化し、コスト意識を持って効率よく進めて行きたいと思います。そのために今回、クリニック内に地域連携室(常勤の社会福祉士1名)を設け、体制を整えました。なんでもまず地域連携室にご連絡いただければ幸いです。

 個々の患者の支援を通じた地域連携が、最も大切と考えていますが、同時に認知症の地域住民に対する啓発、かかりつけ医や看護介護福祉職への研修会協力、認知症に関する適切な情報発信なども同時に必要であると考えます。今後も連携や、情報発信は積極的に行い、ホームページ等でも分かりやすい情報提供に努めたいと思います。

これからもよろしくお願い致します。

センター長

医療法人社団 三原クリニック  理事長・院長 三原貴照

三原クリニック認知症疾患医療センターでは以下の事を行っています

専門医療の提供

鑑別診断とそれに基づく初期対応

認知症かどうかを検査(神経心理検査やMRIなどの画像検査)や診察を通じて総合的に判断します。そして日常生活の状況等も踏まえ、治療方法を提案し、ご家族と介護の仕方などを考えます。
また、介護保険申請など必要な情報提供を行います。

行動心理症状(BPSD)や身体合併症への対応

BPSDおよび身体合併症の初期診断を行います。また、治療を要する認知症患者さんへ対応します。

専門医療相談

認知症の方とそのご家族に対しては認知症の専門知識を有する相談員が、電話および面談でご相談に応じます。特に受診前サポート(*)を一つの特徴としています。医療・介護福祉関係者からの相談には基本的に専門医の面談により対応します(事前予約制)

受診前サポート(*)

  • 地域連携室(社会福祉士)で受診前問い合わせの電話に対応
  • 初診予約は必要だが紹介状は必ずしも必要ではない。
  • 初診時の受診理由の統一
    ex認知症であるといけないから。
    他疾患加療や健康診断契機。
    家族の付き添いなど
  • 初診日になるべく検査を進めるための日程調整=初日効果
  • 福祉職と連絡調整して受診勧奨や同行を依頼
  • 認知症初期集中支援チーム員と調整して初診日同行依頼
  • 遠隔介護者には受診前後にFAXで問診票や病状把握をやりとり
  • 認知症カフェで相談→受診に繋げる。

研修会の開催

認知症についての知識を深めるため、地域のかかりつけ医や医療関係者、ご家族、地域住民などに対し、認知症の専門医療に関する研修会を通じ、普及・啓発を行います。また、他の主体が実施する研修に協力します。

認知症疾患医療連携協議会の開催

認知症疾患にかかる地域の連携体制を推進・強化するため、保健医療福祉関係者、地域包括支援センター、介護保険サービス事業者等による認知症疾患医療連携協議会を組織し、開催します。

保健・医療・福祉関係機関への情報発信と連携

地域の認知医療に関する連携の中核として機能できるよう、当センターが中心となって、必要な情報を収集するとともに、広く情報を発信します。

地域連携

地域連携